検索
  • tetsuhayashida

乳がん再発巣における バイオマーカー変化の検討 - 臨床研究


•発乳がんに対する薬物療法は通常、初発時の乳がんのエストロゲンレセプター(ER)、プロゲステロンレセプター(PgR)、HER2などのバイオマーカーに基づいて決定されます。しかし、10~40%の再発症例では、再発巣でのバイオマーカーの変化が報告されています。我々のグループは、肝臓や肺などの再発巣に対して生検を行い、実際の再発巣のバイオマーカーに基づいて薬物療法の方針を決定しています。本研究の論文は2015年8月に発表されました。

詳細は 研究活動 - 乳がん再発巣における バイオマーカー変化の検討 からご覧ください。


142回の閲覧

ブレストセンター

〒160-8582

東京都新宿区信濃町35

03-3353-1211 (代表)

03-3353-1257 (外来予約センター)