〒160-8582

東京都新宿区信濃町35

03-3353-1211 (代表)

03-3353-1257 (外来予約センター)

ブレストセンター

伝統と革新、

そして思いやりと温かさが慶應義塾大学病院乳腺外科の特徴です。

 

 

慶應外科は日本でも有数の歴史を有しています。この重厚な外科学の背景に基づいた手術術式に、最新の知識・技法・テクノロジーを取り入れて昇華し、乳がんの根治と、乳房の整容性を高い次元で両立することを実現しています。

 

乳がんに関する研究活動は基礎研究から臨床研究まで、幅広い分野で世界的な業績をあげています。これら乳がんの生物学的特性や、臨床病理学的特徴への深い理解が、薬物治療を含む治療戦略の精度を高め、患者様の乳がん克服に大きく寄与しています。

 

当院はがんのみを扱う病院ではなく、全ての科を有する総合大学病院であるため、高血圧や糖尿病、膠原病などの基礎疾患を有する患者様も安心して治療を受けることができます。各科の連携は密にとられ、例えば治療後に妊娠を希望される患者様は、産科と連携して対策を行うことが可能であり、また乳房再建はスペシャリストである形成外科が担当しています。さらに、昨今話題となっている遺伝性乳がん卵巣がんについては、臨床遺伝センターや婦人科の担当医と共に必要な診察・検査を受ける事が可能です。

 

これらは乳がん専門看護師を含む、がん治療に精通した看護師や薬剤師などのホスピタリティーあふれるメディカルスタッフに支えられており、全ての患者様に一流の治療を暖かく提供させていただくことを目的としています。どんなことでも親身に対応し、乳がん治療における社会的な役割を果たしていきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

慶應義塾大学医学部 外科学 専任講師 林田 哲

 

 ごあいさつ